ニキビが治った後の悩み|部位に合わせた美白アイテム|ピューレパールが口コミで評判

部位に合わせた美白アイテム|ピューレパールが口コミで評判

ニキビが治った後の悩み

ヒップ

ニキビの後の赤み

せっかくニキビが治ったとしても、赤みのあるニキビ跡が残ってしまう場合があります。主に赤ニキビのような炎症を起こしたニキビができた場合には、肌表面のニキビは治っていても内部ではまだ炎症が治まっていない状態ですから、赤みとして残ってしまいます。ニキビ跡としては一番軽い症状ですから正しいスキンケアを行っていけば、時間とともに消すことができます。肌の内部で炎症が起きている状態ですから、肌へ刺激を与えてしまうと悪化してしまう場合があります。そのため、スキンケアでは低刺激の化粧品を使って、優しく丁寧に行うのが基本です。また、ターンオーバーと共に赤みが薄くなっていきますから、しっかりと保湿を行ってターンオーバーを正常化させて消すよう努めましょう。

シミのような色素沈着

赤みタイプよりも治すのに時間がかかるニキビ跡がシミのように薄茶色に色素沈着してしまったタイプです。強い炎症が起きると体は刺激から守ろうとして、メラニンを発生させてしまいます。日焼けで肌がやけどしたりしないようにメラニンが作られるのと同様の原理で、ニキビの強い炎症に対抗するためにメラニンが作り出されます。これがシミのように肌に定着してしまったのが色素沈着タイプのニキビ跡です。消すためにはシミと同様のケアが効果的ですから、美白化粧品を取り入れましょう。メラニンの生成を防いでくれて、色紙沈着を予防する作用があります。また、メラニンを追い出すことでニキビ跡を消すことができますから、やはりターンオーバーを活性化させるのが重要です。